会社案内

ユーラスツアーズ

〒108-0014
東京都港区芝5-13-18
いちご三田ビル9階
電話:03-6453-6633(団体旅行)
   03-6453-6632(個人旅行)
FAX: 03-6453-6630

営業時間

09:30-17:30
(カウンター業務は17:00まで)
定休日:土・日・祝日、5月1日

ウニヴェルス留学体験記


当社をご利用頂いたお客様からの体験記です。



その節はお世話になりました。
今回快適な一ヶ月が送れた原因のすべては、
1.いい先生(ガマン強い=物覚えの良くない年寄りの生徒でもあまり イライラしない)
2.いい同居人(アジア人=韓国人=物静かできれい好き、大人=46歳の 銀行員で、社命で勉強に来られてるんだとか)
3.いい先輩(大学院入試準備中の好青年)に恵まれたことによると思います。
1.3.については、モスクワ大学の先生ならみなさんいい先生なのだ ろうし、留学生がおられればみなさん親切な方なのかも知れませんが、
2.はどうなんでしょう、単なる偶然にしては 出来すぎなんで、どなたかのご配慮なりプッシュがあったんでしょうか?
1〜3の条件が「また」揃うのであれば、何回行ってもいいかも、と思い ます。「同居人」がイケイケの国から賑やかを広めに来たような若い人で、 清潔や掃除ということに関する感覚が私と違っていたりしたら、印象が 全然違ったのかも。

「年配者」をご案内になるに際しては、食事についてのご配慮が重要と 思います。今回は短期間でしたが、半年、一年となると・・
スーパーで「お惣菜」を買って食べても、カフェや「屋台」(みたいなの) でたべても、とにかくシオカラくて脂っこくて、カロリーはともかく食塩 量のコントロールは非常に困難です。今回は学生寮でほぼ「買い食い」で 生活しましたが、あのスーパーや「ウニベルサム」で売ってるお惣菜だの 缶詰だのソーセージだのが「家庭の味」を模倣しているとすれば、多分 「ホームステイ」でのお食事も想像がついてしまうなー。
若いひとなら味覚 もカラダもすぐ慣れるんでしょうが、ある程度以上の年配者には「カラダに 毒」だと思います。素材(野菜、果物、お肉。
魚は今回は調理の機会無し) は私が買ってみた範囲では美味かったんで、年配者の健康維持のためには 「一ヶ月」をメドに自分のキッチンを確保して自炊する(米と炊飯器は持って いくなり送るなり)ことが望ましい、と思います。
以上、お礼方々ご参考まで。